windows server 2012

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://shinbashi.areablog.jp/serverdata

4.9-3記憶域階層に対応した仮想ディスクを作成する


5 仮想ディスクのサイズを、高速側(SSD)、低速側(HDD)それぞれ指定して、[次へ]をクリックする。
  ●記憶域階層を使う場合は、SSD/HDDそれぞれの容量を指定する必要がある。できあがる仮想ディスクの容塁はそれぞれの合計容量となる。
  ●[最大サイズ]を選択した場合は、SSD、HDDそれぞれ利用できる最大量が確保される。


6 内容を確認したら[作成]をクリックする。
  ●記憶域階層を使用する場合、windows server Standard高速階層のサイズと標準階層のサイズとがそれぞれ別々に表示される。






関連記事:



記憶域階層 windows server 2012

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinbashi.areablog.jp/blog/1000099341/p11121756c.html
windows server 2012 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
グループを削除する--Windows Server 2012(3)
Windows Server 2012 R2をシャットダウンするには
Windows Server 2012 R2のセットアップ 一
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
serverdata
プロフィール
windows server 2012
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 14 3310
コメント 0 1
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック