新橋の魅力

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://shinbashi.areablog.jp/wprbloqnxp0233

子役は自分を表現できることが大切

TVのドラマに出演している子役の中には、大人の俳優顔負けの素晴らしい演技をする子供が沢山おります。

子供らしく愛らしい表情をするかと思えば、悲しい場面では、本当に悲しくて泣いているのではないかと思わせるほど、涙をながしながらセリフを言う子もおり、正に、真に迫った演技を見せる子役もおります。旧い話ですが、NHKの「おしん」がその代表的な例でしょう。

このような子役に共通するは、単に監督から演技指導された通りに演じているのではなく、その場の設定に合わせて、自分の気持ちを表現するのがとても上手だと言うことです。

悲しい場面では、実際の私生活で悲しかったことを思い出しながら演技をすると、自然と涙が出て来ると言っていた子役もおります。

このように、感受性に優れ、表現力豊かな子供は子役に向いていると言うことでしょう。

自分の気持ちを上手に表現する力は、単にドラマの中での演技に限らず、バラエティ番組などに出演する時にも求められます。

大勢の知らない大人達の中に入っていても、物怖じすることなく、カメラの前で臨機応変に、自分の気持ちや意見を言うことができるかどうかは、とても大切なことです。

また、子供ですから、あちこち駆けまわったり、物珍しさにキョロキョロしたりするのはある程度仕方ないことですが、子役となると、それでは仕事になりません。

その場の空気を読み取って、子役として自分に何を求められているかを判断して行動し、演技ができる力も必要なのです。

これは、普通の大人でも難しいことですが、このような大人に求められる資質を持った子供が、出演の機会を与えられて子役として成功し、成長して立派な俳優やタレントとして活躍できるのでしょう。

赤ちゃんモデルの応募方法


子役

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinbashi.areablog.jp/blog/1000086308/p11720336c.html
子育て | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
新橋の魅力について
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 1 2002
コメント 0 1
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック