Shoes Shop Ota 5代目店長ブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://shinbashi.areablog.jp/shoes-shop-ota

東アジアカップ優勝




サッカー東アジアカップは、日本の優勝で幕を閉じた。


ザッケローニ監督も嬉しそうだ。

今回の大会は、国内Jリーグ組のメンバーで戦った大会なのだが

柿谷曜一朗を含めた、新たな選手の登場に、日本サッカーの充実が伺える。

韓国との試合内容は、決して誇れるものではないが、韓国サッカーの聖地で

勝てたのだから、結果だけに関してのみ満足できる。



しかし、やはり、本田選手、香川選手や長友選手らA代表メンバーレベルからすると

不満の残るプレーや実力不足も感じざるを得ない。

2014年ブラジルワールドカップの本番まで、皆、頑張って欲しいし、大いに応援もしたい。



ところで、お隣韓国のパフォーマンスを見てなのだが、

相変わらず、ここの国は、駄目だなーと感じた。

オリンピック時の竹島のプラカードもそうだし、W杯予選のイランに対しても同様

今回の垂れ幕の一件もそうなのだが。



相手国に対しての国際的なマナーやコメント1つをとっても恥ずかしい限り。

この手のパフォーマンスを何度となく懲りずに繰り返す。

(韓国サポーターの全ての人がそうではないとも思うが)

自分達の代表分析を冷静にする前に、必ず相手を中傷することから入る。

どの国に対してもそう、その姿は、品位の欠片もなく、実に不愉快そのもの。



少なくとも、今の韓国代表監督の洪明甫は個人的には大いに尊敬もしているし、彼らの韓国サッカーに日本は、当時、まだ学ぶべき事は、たくさんあった、が、しかし、もはや、今の韓国サッカー内容に、学ぶべき事は、なくなりつつあると言ってもいい。



なぜか?



それは、既に日本は、世界への道を歩き始めたし、独自のサッカースタイルを確立しつつあり、その道を見つけ始めているからだ。



韓国サッカーの行なうスタンスは、もはや、アジアサッカーに於いても、レベルの向上につながらないことを物語り、きちっと相手国を敬う行動が出来ない、その行動はどこの国とも関係を築けていない。



韓国サッカーにとっても何ら、プラスにならず、結局は自国のレベルを落とす要因ともなっていることを、なぜ、彼らは理解できないのであろうか?



この3、4年アジアのトップチーム同士の対戦成績にもはっきり証明されている事も韓国は、深刻に考えるべきなのである。



アジア最強国は韓国だ、は過去の話。



過去を忘れる事よりも、過去に縛られ続けていることも、また、悪なのだと私は思う。



そして、この日の韓国代表のプレーも、色褪せさせてしまうことでもあるのだ。

韓国の同点シュートなどは、日本の私から見ても、素晴らしいものだった、と互いに言える、そういう関係を是非築きたいものだが・・・


新橋の街の靴屋 ネットショップ!! はコチラからどうぞ!!

⇒ http://www.business-shoes.com/




サッカー日本代表、柿谷曜一朗

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinbashi.areablog.jp/blog/1000045476/p10904793c.html
世の中を語る | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
2014ブラジルW杯へ
宇宙戦艦ヤマト2199 第五章「望郷の銀河間空間」
長嶋監督と松井選手
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
Godaimeイメージ
新橋のエピソード

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

外苑東クリニック
東京 人間ドック