tongguの日記

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://shinbashi.areablog.jp/tonggu123

非燃焼製品

加熱式タバコや電子タバコ小型は少なく、現在の製品範囲タバコ製品を燃やしていませんが、広く希望とタバコ産業の持続的発展の方向と見なされてきました。タバコの有害物質は主に燃えてくるという証拠が多い。達成することを目標として、たばこと喫煙の満足度を燃やさないために、熱の開発を開始しているタバコを燃やしていない、フィリップモリス、日本たばこ産業、ブリティッシュ・アメリカン・タバコは、ポートフォリオを確立した、明確な開発の焦点は、新たなハームリダクション製品にシフトします。
直接いくつかの研究は、特別に表示した後、加熱式タバコの煙エアロゾル90%の減少、タバコのニコチンレベルに実質的に等しく提供することが可能である、加熱タバコ期間の使用よりも害を加熱することにより、タバコ製品を燃焼させずに加熱重要な生理指標は禁煙に近い。 2016年末に米国食品医薬品局(FDA)に対し、電子タバコ小型製品を加熱するための請願書を提出し、米国で上場される有害物質削減製品として承認されれば、世界のたばこ業界全体に大きな影響を与えます。

市場調査によると、数週間の順応の後、消費者やベイプ初心者は加熱された紙巻きタバコの味が容易に受け入れられ、日本やヨーロッパなどの地域ではより高い受容率が達成されています。
加熱式タバコおよび不燃性生成物の改質後、ミストはニコチン含有液体を加熱することによって生成され、エアロゾルは吸入のためにタバコ含有カプセルを通過する。現在の禁煙グッズ電子タバコ市場はうまく対応しており、しばしば在庫切れです。 2017年末までに、タバコの加熱能力は2000万袋/月に達すると理解されています。蒸気は、ニコチン液体を加熱することによって生成され、タバコを通過した後に吸入される。小売チェーンストアの販売数量は10週間で5.4%に増加し、2017年にさらに拡大する予定です。
満足度の向上は、新たな害軽減製品の基礎です。タバコ製品を燃えない加熱は禁煙グッズ電子タバコに遅れて始まったが、現在の状況は、主にその高い満足度にも非常に良い開発の見通しであるが、加熱式タバコと比較してたばこ、味はまだ柔らかく、光は、初期のスティックは、変換の成功に大きな影響を与えますしたがって、アフターサービスとサプライの保証は、販売チャネルのより高い要求を前進させ、現在の市場拡大の制約の1つである製品プロモーションの鍵です。

日本、イタリア、他の場所、強いベイプ初心者の健康意識、新製品への早期アクセスのための選択の市場での加熱式タバコ新製品のほとんどは、良好な市場基盤を持っています。同時に、低コークス日本、イタリア、その他の場所、超低タールたばこの割合が高いが、欧州連合(EU)は、長いタールの量の上限を実践している、ベイプ初心者に適応する強力な能力は、光を味だけでなく、変換の味のために有利な条件を作成しました。さらに、移植性は、有害物質削減製品の改善の新しい方向性でもあります。



新橋

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinbashi.areablog.jp/blog/1000267995/p11733161c.html
電子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
ブログイメージ
日記,写真
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 40
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[神戸] signal
[中野・高円寺] rabudollの日記

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック