温泉のマナー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://shinbashi.areablog.jp/eprblof0055y

非常持ち出しバッグに入れるモノ

地震など大災害によって自宅を離れなければならなくなったとき、頼りになるのがリュック型の非常持ち出しバッグです。


このため、日頃から、家族1人ひとりに1つずつ用意しておきたいものです。



では、その中に何を入れたらいいのでしょうか。



非常持ち出しバッグは背負って歩かなければなりません、このため、それほど重いものは入れられません。



また、自治体の防災倉庫から避難所へ物資が届くまでの間、一時的につなぐための物資ですから、そんなに多くの量を準備する必要はありません。



水やお茶は250ccのペットボトル1本で十分です。これは、ほんの気休めの量にしかなりませんが、かいって、500ccだと重くて持ち歩くのに大変です。



食料はチョコレートやシリアルバー、ビスケットなど、軽くて高カロリーのもの、赤ちゃんがいる人は、哺乳瓶とミルク、おむつを忘れないように入れましょう。



ウエットティッシュは、お役立ちナンバーワンです。すなわち、東日本大震災の被災者が役に立ったと答えたアイテムの中で、多かったのがウエットティッシュです。



避難所ではフロに入れませんから、体をふくのに最適ですし、アルコール入りのものは軽い傷の消毒にも使えます。



また、女性には生理用品が欠かせません。他の地域から救援物資が届くまで、避難所にはぎりぎりの物資しかありませんので、生理用品まで手が回らないことが少なくないからです。



この他、携帯ラジオ、タオル、雨具、軍手、懐中電灯、下着、マスク、予備の電池を入れておくといいでしょう。



これらは、すぐに持ち出せる場所に保管しておきましょう。大災害で生き残るには日ごろの準備が何よりも大事です。



自宅が被災してから慌ててバッグに物を詰めることはできません。事前に必要な物を入れ、すぐに持ち出せる場所に保管しておけば、いざというときに、バッグがないと慌てることはありません。


防災用の水と食料の備蓄法


非常持ち出しバッグ

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shinbashi.areablog.jp/blog/1000075734/p11632314c.html
防災 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
温泉のマナーについて解説
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 2 2416
コメント 0 2
お気に入り 0 1

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック